<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 「フリルテープ(ラッフル)のヘアゴム(かぎ針編み)」作り方と編み図−1− | main | オーダーの「ツールケースとミニツールケースのセット」 >>
「フリルテープ(ラッフル)のヘアゴム(かぎ針編み)」作り方と編み図−2−
 「フリルテープ(ラッフル)のヘアゴム(かぎ針編み)」作り方と編み図−1−
に引き続いて 「−2−」 ←省略しすぎ です。

−1−は本体の編み方でした
−2−では糸端の処理とヘアゴムの付け方

をご紹介します



その前に、突然このページに来た方のために…
ここでご紹介しているヘアゴムの画像↓
htm010.jpg


さて、前回は4段目まで編み「糸端30cm程度残してカットする」
で終わりました。

htm010-32.jpg
糸端30cm残してカットしたのがこちら↑

大人用の裏側です。
このページの説明画像は大人用のものです。
子ども用もまったく同じように進めてくださいね。


まず、目を留めます。

目を留めるときには最後の目に糸端を通します。
そのやり方として2通り。
1.フリルテープ全部をかけられる太めのかぎ針
(10mmや12mmのもの)で最後の目に通す方法
2.糸端をとじ針に通して最後の目にくぐらせる方法

太いかぎ針をお持ちの方は1の方法で。
ここでは2の方法を細かくご説明します。
htm010-34.jpg
カットした糸端をとじ針に通します。

毛糸用の極太のとじ針が使いやすいです。
(フリルテープをとじ針に通すので針穴が大きくないとやりにくいです)
さらに、お持ちでしたら先がカーブしてるものがベスト。


htm010-33.jpg
4段目最後の目です。

フリルテープはめちゃめちゃほどけやすいので、
糸端をとじ針に通している間にかぎ針から外れないように
気をつけましょう。

この目にとじ針に通した糸端をくぐらせて引き締めます
htm010-35.jpg
(↑とじ針の針先がカーブしています↑)


htm010-36.jpg
くぐらせて引き抜いたところです。
丁寧にゆっくりしましょう。
力を入れて速く引くとフリル部分の糸がからまりやすいです。

htm010-37.jpg
全部引き抜いたところ。
引き締めても毛糸やレース糸のようにしっかり締まらないので
ゆるめでも大丈夫です。


次に編み始めの糸端の処理をします
htm010-38.jpg
今は表側から出ている状態です

htm010-39.jpg
編み始めの糸が出ている部分の近くだったらどこでもいいので
大きめの穴に糸を通して裏に出します

htm010-40.jpg
とじ針に通してざくっと。

htm010-41.jpg
裏に出てきました〜

htm010-42.jpg
裏に出した編み始めの糸は↑のように折りたたんで中央に配置


次は、編み終わりの糸を使って
ポンポンみたいに(?)丸くしていきます。




糸を通す手順を、画像プラス紙面でも…
と思い、PDFファイルにしました。

これも手書きなので下の説明を読んで分かりにくい方と
…いえ、こっちもわかりにくいかも知れないんだけど…
手書きの汚いのでも全然構わない方だけ見てみて(ダウンロード)ください。

PDFはこちら→「形の整え方」



気を取り直して続き
htm010-43.jpg
編み終わりの糸をとじ針に通します。

編み終わりの糸が出ていた位置の対角線上の外周の糸を
ザクッと、余り細かいことは気にせずにすくいます。

htm010-44.jpg

htm010-45.jpg
先ほど通した糸が,任后

もう一度、ザクッと・・・
htm010-46.jpg
△諒向に外周をすくって糸を通します

糸はゆっくり引き締めていってください。

この状態で表から見ると・・・
htm010-47.jpg
ちょっと四角っぽい

そこで、もう一度、四角の角と角をとじ針ですくいます
htm010-48.jpg
こんな感じに。

これを引き締めてみると・・・
htm010-49.jpg
あと一息

htm010-50.jpg
出っ張っているところを↑こんな風にとじ針ですくって
糸を通してゆっくり引き締めます。

htm010-51.jpg
上から見てみると…キレイな円状に

htm010-52.jpg
少し横からも見てみました

htm010-53.jpg
裏側はこんな感じになっています。

裏側に糸をかけていく順序は上で説明したPDFファイルに書いてあります。




次はヘアゴムを付けます
htm010-54.jpg
20cmにカットしたゴムを使う場合は「輪」に結んでください。
ギュッと・・・これでもかっ!てくらい引き締めて
お好みの長さに結んだら端は少し残してカット。

htm010-55.jpg
本体裏側の中心にヘアゴムの結び目がくるように置きます

htm010-56.jpg
とじ針に通したままの糸を、ヘアゴムに通すようにして
本体裏地をザクッとすくいます。
ここですくっているのは、糸端の出ている対角線上の外周部分の糸です。

ヘアゴムをしっかり固定しないといけないので
とじ針ですくう糸は多めでOKです。
が、フリルテープが通るように、糸は割らないようにしてください。


htm010-57.jpg
はじめに出ていた糸端のところに戻るように↑すくって引き締めます

htm010-58.jpg
それがこちら。
ヘアゴムにフリルテープがかかっているのがわかります。

同じことを2,3回繰り返し、ゴムを本体に固定します。
強度が必要なので、私は全部で3回、ゴムに糸がかかるように通しています。


通しおわったら最後は
htm010-59.jpg
ゴムにかかっている糸の根元(どこでもいいので)の糸を
適当にとじ針ですくいます。

htm010-60.jpg
そのまま糸をゆっくりひくと、↑のように輪ができるので
その輪にとじ針を通して引き締めます。
これで結べました。

不安な方はもう一度同じことをして結んでいただいても。

結んだ後の糸は、本体裏にザクッと突き刺して適当にどこかから出してきます。

「適当」と書きましたが、表側のフリルを引っかけたり、表側に出したり・・・
表にひびかないようにしてください。

htm010-61.jpg
編み地のキワで糸をカットします。

あまりキワでカットしすぎて、他の糸も切っちゃわないように…

このとき、糸を引っ張り気味にしてカットすると、
カットした後に糸端が隠れてくれます。

htm010-62.jpg
完成後の裏はこうなっています。

これで完成♪

お疲れさまでした

htm010.jpg




いかがでしょう?お役にたちましたでしょうか?

この作り方・編み図を見て作ったよ〜という方がいらっしゃったら
一言コメントいただけると泣いて喜びます

分かりにくい点がありましたらコメント欄からでも
お気軽に質問してくださいね〜。



役に立ったよ〜作ったよ〜という方がいらっしゃったら
一日一回ポチっとクリックしていただけると励みになります♪



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ






※このサイトに載せている作り方・編み図は「いろはくろす」*あい*が独自に考えた方法です。
編み物・洋裁に関しては独学です。
そんな中でやりやすい方法を模索して作っているものなので一般的な方法ではなかったり、
知識のある方には「え〜」と思われるかも知れませんがその辺はご容赦ください。
著作権は放棄しておりませんので当サイト上の
文章・画像等一切の無断転載・模倣・個人で使用される以外の複写はお断りいたします。
転載等ご希望の場合は事前にご連絡ください。
info@irohacloth.com
当サイトの作り方やパターン・編み図を本に基に作られた作品についての
一切の責任は負いませんのでご了承のうえ制作をお願いいたします。








スポンサーサイト
この前、シュシュのとこでコメントさせていただきました。
このヘアゴムは編んでいたんですね
だから、ふんわりきれいなんですね。

私はただ、ゴムに通してしぼって…
適当にお花風にしました

むつかしそうですが、一度作ってみたいとおもいました
ありがとうございます
ゆか | 2011/01/10 18:27
>ゆかさん♪

ゴムやひもに通してお花のようにするのもとても可愛いと思います。

マフラーが棒針編み、シュシュはゴムを通しただけ、なので残るはかぎ針編みか?とヘアゴムはかぎ針編みにしていました。

かなり詳しく画像付きで載せましたので
もしよければ作ってみてください。

すじ編みの引き抜き編みで拾う目は、どこかわからなかったら¨適当にその辺¨で、目数もおおよそで大丈夫です。
なんたって内側は隠れてまったく見えませんから。

分かりにくい点がありましたら遠慮なく質問してくださいね〜。

あい | 2011/01/10 19:07
はじめまして!
ヘアゴムの作り方参考にさせて頂きました!
ラッフル1玉でマフラー作るとちょっと短いなぁ・・・やだなぁ・・・と困っていたら、素敵なヘアゴムを載せられていて!!!
マフラーを止めるのにすごく素敵でいいなと思い、今日作ってみました。
わかりやすい説明で本当に助かりました。
ありがとうございました。
はる | 2011/11/08 16:29
>はるさん♪
はじめまして☆
作ったよ〜のコメントありがとうございます。
お役に立ててとても嬉しいです。
マフラーを留めるために使うのは思いもしませんでした。
いいアイデアですね。
あい | 2011/11/08 21:35
COMMENT