<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< HARUのノクターン他…生地大人買い | main | レースパイピングの方法(コツ?)その3 >>
レースパイピングの方法(コツ?)その2
先日ご紹介した「レースパイピングについて」の続きで

その1.ファブリックのり(布用のスティックのり)を使う方法
その2.バイアステープの要領で二度縫う方法
その3.二つ折りにしたレースでぶっつけ本番、直接生地を挟み込んで縫う方法
その4.端をどうするか?(追加:2010.12.11)

今回は「その2」について書きたいと思います。


htm03-01.jpg
こちらのレースを付けたいと思います

htm03-02.jpg
アイロンで二つ折りにして折り目をつけておきます

htm03-03.jpg
レースパイピングをしたい生地端にレースを置いて縫います。

このとき、先ほど折り目を付けたレースの中心
(画像では少し凸になっているライン)
を目安に、生地の表裏両面にレースが同じだけのるように合わせます。
縫い始める前にレースを当ててみて、生地端から何mmのところを縫うか
あらかじめ決めておくといいと思います。

htm03-04.jpg
片面にレースが付きました

htm03-05.jpg
反対側に返すと、このように先ほどレースを付けた縫い目があります

htm03-06.jpg
ミシンで縫うラインが、先ほどの縫い目と重なるように
レースを折りたたんで、まっすぐ縫います。
目打ちなどで押さえながらずれないように縫いましょう。

htm03-07.jpg
完成

この縫い方は、レースにミシン糸が2本かかります。
レースパイピングはバイアステープと違って
縫い直したりしてもあまり目立たないので
気にならない方にはおすすめの方法です。


次回、その3をご紹介しますね

点線



参考になりましたらポチっとクリックしていただけると嬉しいです♪
続きや他にも縫い方のコツなど書こう〜と張りきります!

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



スポンサーサイト
COMMENT