<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< レースパイピングについて | main | HARUのノクターン他…生地大人買い >>
レースパイピングの方法(コツ?)その1
 前回の記事の続き

その1.ファブリックのり(布用のスティックのり)を使う方法
その2.バイアステープの要領で二度縫う方法
その3.二つ折りにしたレースでぶっつけ本番、直接生地を挟み込んで縫う方法
その4.端をどうするか?(追加:2010.12.11)

今回は「その1」について書きたいと思います。


レースを布用のスティックのりで接着してから、一度にミシンをかける方法です。

布用のスティックのりは、青やピンク、黄色などありますが、
どれも時間がたつと色が消えるようにできているので、とても便利です。

少々はみ出ても気にすることはありません。
レースのすきまから見えても絶対にわからなくなります


私が気に入って使っている「ファブリックのり」はこれ↓↓htm02-02.jpg

「カリスマファブリック キルトスティック」
キルト用スティックのり と書いてありますが・・・
私はキルトは一切しませんが、大活躍してくれています。
色はブルー、蛍光ピンク、蛍光イエローがあります。
消えたら同じだし、キルトをするわけではないので、生地の色にかかわらず
私はブルー一色です。


前置きが長くなってしまいましたが
ここから、レースパイピングの方法です。

htm02-01.jpg
今回は、この生地端をレースパイピングします

htm02-03.jpg
先ほどのスティックのりを、レースをおきたい場所に塗ります。
のりの太さが直径約7mmなので、その幅のまま、塗ります。

のりは乾くと色が消えて接着力も無くなるので
距離が長い場合には「のりを塗って、レースを貼って〜」を繰り返します。

htm02-04.jpg
のりが塗れたらレースと貼っていきます。

htm02-05.jpg
生地の厚み分を考慮して、表と裏に同じだけレースがのるようにします。

htm02-08.jpg
上画像の矢印のところが、ちょうどレースの真ん中で、
そこが生地の厚みの中心にくるように合わせます。
のりを塗る前か塗ったあと、レースを仮置きして、確認します。

htm02-06.jpg
片面にレースが貼れたら、反対側に移ります。

片面が終わったからといって安心して放置せず
スムーズに行ったほうがきれいにできます。
というのも、この反対側を貼り付けた後、表と裏面のレースの幅が同じでなかったら
はいで貼り直しをしないといけないので、時間をあけてしまうとレースがしっかり
くっついてしまい、はがすときにレースが伸びたりするからです。

反対の面にも同じく「のり」を塗ります。

htm02-07.jpg
レースを折り上げて、貼ります。
このとき、生地端とレースに隙間ができないようにします。

htm02-09.jpg
ここで、ソーイングクリップの登場です

何をするかって・・・
貼ったレースを固定するためにも役立ちますが、今回は
レースが表面と裏面で同じ幅で貼れているか確認するのに使います。

htm02-10.jpg
こんなふうに、レースの上からはさみます。
まっすぐはさんでくださいね。

表面と裏面を確認して、レースの同じ場所にクリップの先端があればOKです。
ずれていたら、レースをはいで貼り直しましょう。

ここで手をぬかず、同じ幅で貼れていると一度でピシッと縫えます

この方法は、左右対称のレースだからできることで
左右非対称のレースを使用する場合は、このクリップで
距離を測ることはできませんので…左右対称のレース使用前提で(今頃?)

htm02-11.jpg
レースの上からいくつかはさんで、レースの幅合わせと固定をします。
ファブリックのりでレースを貼ったあと、少し押さえていないと外れてきますので
貼ってすぐに縫うか、クリップなどではさんでおくか、したほうが良いです。

htm02-12.jpg
必要な長さのレースを貼り終えたら、あとはミシンでだ〜っと縫うだけで完成

クリップにミシン針が当たると危ないので、縫いながら手前で外すのをお忘れなく


この「のり」を使う方法が、一番きれいにできるかな、と思っています。
ただ、ちょっと手間がかかるのと、「ファブリックのり」あまりお安くない


こんなので、ちょっとはハンドメイドの参考になったでしょうか?


私の場合は、絶対失敗したくないときにだけ、この方法でします。
あとは「その3」の方法で縫うのですが、こちらは慣れるまで結構ずれます

「その2」「その3」と順にご紹介していきますね〜。


点線



参考になりましたらポチっとクリックしていただけると嬉しいです♪
続きや他にも縫い方のコツなど書こう〜と張りきります!

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



COMMENT